花鳥風月の小部屋

TRPGとかボードゲームとかの話をしようと思う

結局

はてなのほうはほったらかしになってしまったな。

そんなわけで
ホームページを作りました。

http://fugetu9.sakura.ne.jp/

今後は、ホームページのほうに統合していく予定。

ボードゲーム遊んできました

この間の日曜日だったのですが
さっそく、ボードゲームで遊んできました。

遊んできたゲームは
・ハコニワギョウセイ(だったと思う)
・成敗!
人狼
・ヒロインズロワイアルメモリーズ
・ちくわ争奪戦
・いたずら大作戦
・れんけつ!さいてい
です。

んー。11時から19時まで遊びまくったけど
ひとつ1時間ぐらいずつ遊んだ計算になるのか。
どれも面白かった。

以下、全部のゲームの感想と一部は写真も

続きを読む

ボードゲーム買ったよ―

ということで、
ボードゲームを買いました。

遊ぶのは22日かなぁ。

それまでにルールを良く読んでおこう。

買ったのは

・ちくわ争奪戦(ひとじゃらし)

・成敗(カナイ製作所)

・ヒロインズロワイアルメモリーズ(サークル3D6

の3つ。
f:id:fu_getu:20140610234543j:plain
ちくわ争奪戦は
うーん。説明書見た感じだと戦略よりも運の要素が強そうな感じ。
0~3の数字が書かれたカードを3枚ずつ使ってより強い役を作るゲーム。
交換できるカードが他のプレイヤーが捨てたカードになるというところがミソなのかな。
まあ、
絵が可愛くて買ったので、どうなるかは当日の楽しみとしよう。

成敗は
協力型ゲーム。
必殺仕事人になって悪党を退治するゲームなんだけど
たぶんかなり協力しないと難しいと思う。
自分の持ち札や敵の能力などを直接伝えてはダメと言うルールがあるので
それがわからないモヤモヤ感が楽しそう。
なによりも、情報を伝えるときのロールプレイがTRPGプレイヤーとしてはワクワクする。

最後のヒロインズロワイアルメモリーズは
去年買えなかったヒロインズロワイアルの改良版。
全く新しいゲームに生まれ変わっている。
前回のは裏の顔を暴いて好感度を下げるというものだったけど
今回は完全に裏の顔は特殊能力扱い。
特殊能力をいかに上手く使うかが勝利の鍵になりそう。

まあ、どれもやってみないとわからないので
実際にプレイしたあとでまた感想を書きたいと思います。

あと、まだ買ってからタンスの肥やしになっているゲームがまだまだあるので
そこら辺も遊んでみたいと思います。

風評被害について

TRPGの話をしたいのだけど
色々と思うところがあって、今回は「美味しんぼ」の「鼻血」の話をしたいと思う。
f:id:fu_getu:20140518091551j:plain

風評被害とは

まず、言葉の意味を調べよう。

ふうひょうひがい【風評被害】根拠のない噂のために受ける被害。特に、事件や事故が発生した際、不適切な報道がなされたために、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが損害を受けること。例えば、ある会社の食品が原因で食中毒が発生した場合、その食品そのものが危険であるかのような報道のために、他社の売れ行きにも影響が及ぶことなど。(提供元:「デジタル大辞泉」)

要は『噂』で無関係な人、団体が被害を受けるということです。


で、鼻血の話で誰が被害を受けるの

被害を受けるのは原発を推進している人、団体じゃないかと思うのですけど
どうなんでしょか。
えーと、『無関係』じゃないですよね……。
だから、風評被害じゃないと思うんですよ。

でも報道では『福島県に住む人が』と言われている

本当に福島に住んでいる人がこれで被害を受けるとは到底思わないわけですが、
報道では「福島に住んでいる人への風評被害が懸念される」と訳のわからない話になっています。
確かに福島に住んでいる人に被害があるなら風評被害になるかと思いますが
そんなことはないと思います。

福島産の食品が売れなくなるという話があるかもしれませんが
一応、基準値とかいうのを設けて
それに従って出荷しているはずです。
参考:厚生省HPのPDF http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/dl/20131025-1.pdf

なので、私はどこ産だろうと気にせずに食べます。
事実、福島県産も震災後食べていました。

え? なんで過去形かって?
なぜなら、今福島産は食べていないからです。

理由は簡単
別に「美味しんぼ」のせいじゃないです。
福島県が嘘をついたからです。

一時期、福島県産の果物に今の福島県知事「佐藤雄平氏」が「国の基準値を満たしているので安全です」という旨のステッカーを付けて売り出していました。
まあ、この時期の基準値というのは今より高い基準値ではありましたが、
それでも、一応調べているんだからその基準値よりは低いんだと思って買って食べたことがあります。
ところがです。
過去の記事が消えているらしくて示せず申し訳ないですが、
私が買ったぶどうじゃなかったのですけれども
このステッカーが付いている食品で基準値以上のものが売られていたという事実が発覚します。
(これはTVでも報道されたのでひょっとしたら記憶している人がいるかもしれません)

と、いう経緯があったので
私は買わないわけです。

これは福島県が自らまいた種のせいであって「無関係な」人や団体が被害を受けているわけではないので「風評被害」じゃないと思うんですけどどうなんでしょ?

まあ、この記事を読んで福島県産を買わなくなったら風評被害なのかもしれませんが
(根拠である記事が示せていないので『噂』と言われればそれまでなので)

じゃあ、どうすればいいの

結局、数値で安全であること、関係のないことを示すしか無いと思います。
「フウヒョウヒガイガー」と言っているだけではなんの解決にもなりません。
きちんとデータを示して、「だから安全だ」と証明すべきです。
報道でも
「こういうデータがあるから、こういった噂は信用しないようにしましょう」
と言えばいいのです。
それを言わないのは、言わないのではなくて「言えないのでは」?
という別の疑念が生じてしまうのです。

少なくとも、「風評被害」としか言わない「政府」「福島県」よりも
偏っているかもしれないですが、実名を出してインタビューした内容を漫画とした「美味しんぼ」の方が
説得力はあります。

個人的には「風評被害」と言えば言うほど傷は深くなると思うのですが
皆さんはどう思いますか?

TRPG温故知新 第一回(ガープス妖魔夜行)

何の話を書いていこうかと悩んだのですが、
まずは私が初めてやったTRPG
GURPS妖魔夜行について話をしようと思います。

一言で言うと
人々の思いから生み出された都会の闇に生きる妖怪たちの冒険を擬似体験するTRPGです。
プレイヤーは親人間派の妖怪となって、
人間に害悪を及ぼす他の妖怪や宇宙人と戦います。

ゲーム自体はとても面白いのです。
(これが面白くなければ、今TRPGをやってませんからね)

が、
暗黒時代になってしまったのも頷ける欠点がこいつにはあります。

その欠点とは
キャラクターを作るのでお腹いっぱいになる
というものです。

ガープスのシステムはキャラクターを作りこむことができるんですね。
どういった好みがあるのか、弱点はなにか
と言ったキャラクターの性格や思考についてもルールとしてキャラクターシートに書き込みます。
なので、自分の分身としてのキャラクターがルールできちっと決まった形で完成し、
「私のキャラクターはこういうキャラクターだよ」
と言う説明はゲームマスターにも、他のプレイヤーにもいちいち説明することなく
キャラクターシートを見せればわかるのです。

わかるのですが……。
このキャラクターを作るのに疲れてしまうんですよね。

作り方としては
まずCP(キャラクターポイント)というものがGMから渡されます。
そのポイントを「自由に」割り振ってキャラクターを作るのですが
この「自由に」というのが曲者で
特徴が多岐にわたるんですね。

まあ、ある程度慣れたプレイヤーならどうってこと無いのでしょうが
初めてやるには敷居が高かったです。
今から考えてみれば、サンプルキャラクターでやればよかったのですが、
自分の分身はやっぱり自分で作りたいじゃないですか。

で、ああでもない、こうでもないと作った結果、2時間ぐらいかかりました(笑)

そして、
キャラクターが完成すると
そこで満足している自分がいました。

そう、
キャラクターのバックボーンまでもが
ルールに従ったキャラクターシート上で表現できる
このシステムだと
キャラクターが出来た時点で
物語が完成してしまうんですね。

もちろん、
その後にやったゲームはゲームで面白かったのですが
すでに完成した物語に
追加の話が来たような感じで
少々過食気味ではありました。

あと、ちょっと書きましたけども
初心者にはキャラクターをイチから作るのは敷居が高いというのも問題です。

つまり、下記の2つの理由から新規の参加者を募るのは難しかったと思うのです。
・キャラクターを作るのが難しい、面倒くさい
・キャラクターが出来上がった時点で物語が完成

おそらく、私も周りでこのゲームを遊んでいる友だちがいなければ
一人でキャラクターを作って悦に浸ってお終いだったと思います。

ただ、本当にこの時代はTRPGの過渡期だったのだと思います。
ちょうど、
ルール重視からキャラクター重視に移行しようとしていた時期なんだと思います。

というわけで、
なんかダメ出しばかりしてしまいましたが
第一回のTRPG思い出話はこのぐらいでオシマイにしたいと思います。

第二回はソード・ワールドRPG(完全版)について
を予定しています。

ブログ開始

ホームページがほったらかし状態で

スパムコメントばっかりの状態になってしまっていた。

 

ホームページをリニューアルするにも

そんな気力は無く

かと言って

何かしらの情報発信をやめてしまっては

ただ漫然と生きているだけで

そこに生きている意味があるのか 

とまではいかないまでも

ただ時間を消費しているだけのようでつまらない。

 

そんな訳で

自分の趣味の話でもできたらいいかなぁと

だらだらと

趣味であるTRPGボードゲームと言った非電源ゲームの話

をしていこうかなと思います。

 

まあ、

非電源ゲームの話だけではなく

漫画とかアニメの話もしますし、電源ありゲームの話もしてしまうと思いますが

メインとしては

非電源ゲームの話をしていきたいと思います。

 

週1ぐらいで更新できたらいいかな。

 

なにせホームページの方は一年以上放置してましたからね…………。